SLOW

director 深田 義人さん

2008年、SLOWの立ち上げからディレクターとして参画し、商品企画・製作を担当。休日は町田や高円寺の古着屋巡り、キャンプを趣味にしている。

「使っていくうちに色あいや艶が深みを
増していく革の魅力を感じてほしい」。
SLOWのコレクションの、じつに8割以上が
栃木レザーを採用。その事実は
ディレクターの深田さん自身が栃木レザーに
惚れ込んでいたからこそ。
どのアイテムにも素材と作り込みには、
並々ならぬこだわりが注がれ、
COLLECTORS別注にもそんな深い想いが
込められている。

「一枚革のトートはマザーズバッグの
男性版、子育て中のお父さんが持つ
バッグをイメージ。
マザーズバッグは便利だけど、
カッコいいパパバッグで
週末を過ごしたいという思いから
発想しました。
取り外し可能なポーチを
セットしたのは、ここにスマホや
財布やたばこなどを入れておけば、
ほかのバッグを使うときに
入れ替えしなくてもいいでしょ。
あえて裏地を省いて、革本来の味を
体感できるようにしたのは、
栃木レザーの良さを実感できるように。
その代わりデザインは
ハンドルを内付けにして
上品に見えるように工夫しました」。

ポーチは取り外して
単品使いもOK

開口部の両サイドにスナップボタンがあり、ポーチが取り付けられるのがCOLLECTORSの別注ポイント。

栃木レザーのストラップを備えた
帆布のバッグはハンティングや
フィッシングなど、クラシックな
ユーティリティバッグがモチーフ。
「この帆布は岡山県産。
軽量な8号帆布を使い、職人が手仕事で
たっぷりとオイルを染み込ませているので
撥水性を備えています。
別注モデルではさらに内張りに
防水素材を使っているので、
雨に濡れても中身が濡れないように
なっています」。

深田さんがいつも念頭に置いているのは、
バイヤーよりユーザーに分かって欲しいということ。
「売れるものや流行よりも、
使う人の身になってモノ作りをしている。
だからこそ見た目だけじゃなく、
手に取って、使って初めて分かることが
たくさんあるバッグなんです」。

COLLECTORSがSLOWに
型から別注したトートバッグ

切りっ放しの肉厚レザーは
使い込むほど革本来の味が増す。
“革を育てる”楽しさが実感できるぞ!
W340(上部)、480(底部)×H300×D110mm
¥32,000+tax
カラー/キャメル、ブラック、ネイビー

クラシックな
キャンバスショルダー

ブリティッシュカントリースタイルの
キャンバスショルダー。
かぶせのフラップはバックルを
外さなくてもスナップボタンで
開閉可能。
荷室にはペンホルダーや
多機能なポケットも装備している。
¥19,500+tax

女性にも持ち歩ける
ミニショルダー

スマホや財布など手回り品の
収納にぴったりのミニショルダー。
かぶせのフラップはバックルを
外さなくても、スナップボタンで
簡単に開閉できる便利な仕様に
なっている。
¥12,500+tax

2WAYで持てる
縦型ショルダートート

キャンバスと栃木レザーを
コンビ使いにした縦型トート。
長さ調整可能なハンドルは、
手持ちや片掛け、ショルダーなど
自由な持ち方が可能。
開口部はファスナーで閉じることができ、
電車内で他人に覗かれる心配も無用。
¥16,500+tax
カラー/ネイビー、ブラック、ベージュ、
ホワイト、カーキ

ハンティングバッグは
パパバッグとセットで!

シンプルな見た目に多彩なポケットを備えた
機能的なキャンバスのショルダーバッグ。
斜めに取り付けられた栃木レザーの
ストラップが絶妙にボディに
フィットする計算された仕様なのだ。
¥15,500+tax
カラー/カーキ、ブラック、ネイビー、
ホワイト、ベージュ