iTouch Gloves

iTouch Gloves®(アイタッチグローブ)はスマートフォン、タブレットなどの
タッチパネルの操作に特化した機能性手袋として2010年に販売を開始しました。
開発にあたり、1ユーザーの視点から追求したのは「あたたかい」「つかいやすい」「ふつう」の3つのポイント。
 
「あたたかい」
アクリル製の手袋が多い中、iTouch Gloves®のニット手袋はウール混の糸を使い、より暖かさを求めました。レザー製、レザーコンビ手袋にはニットで編んだインナーを使用しています。
「つかいやすい」
10本指全てタッチパネルに対応しており、タブレットも不都合なく操作できます。手袋がゆるいと操作性が鈍くなる事がある為、一般的にはフリーサイズが多い中、2サイズより選べる様にしました。(一部モデルを除く)
「ふつう」
一般的にスマートフォン用の手袋は指先のみ色が違うことがありますが、iTouch Gloves®は指先まで糸を同じ色に染め、手袋として自然に見える様、こだわって作りました。革手袋についても同様に1枚の革で仕立てており、指先の切り替えや刺繍など無く、より自然な仕上がりになっています。